2014年05月

大統領師匠 vol.4「ドイツ」 ですが

どんな作品なんだろう?という方のために

チラシから見る、大統領師匠の歴史

こちらのページで、作品の概要が何となくお分かりいただけるかと思います。



個々の俳優も紹介してくださっています。(もちろん僕も!)

ご興味ございましたら、ご覧になってください。

私事ですが、前回の舞台、「帝一の國」で共演者の皆様が一人残らず、とても立派な肉体をしていらして

「このままじゃヤバい!痩せててもいいけど、もう少し鍛えないと!体力つけないと!」

と思い

image


ランニングを始めることにしました。

三日坊主に終わらないようにしたいと思います。


ではまた

遅くなって申し訳ありません。

「學蘭歌劇 帝一の國」

千秋楽を迎えることができました。

打ち上げの翌日から、次の大統領師匠さんの稽古がありまして、正直まだあまり整理がついていません。

しかしこれだけは言えます。

この度は、本当にいい経験をさせていただきました。

感謝です。

沢山の方に、沢山の感謝の思いがあります。

ここには書けない、なんか、もったいなくて書けない、書いたらその意味が薄まっちゃうような、そんな感謝もあります。

とりあえず、僕は皆さんが喜んでくれたのならそれが一番嬉しい。

これからも皆様に喜んでいただけるよう精進します。




image


写真は友達の写真家ヒロポン(谷康弘くん)が観に来てくれたとき、撮っていただいたもの

そこはかとなく流れる89~92年位の売れないバンド感

とってもいい写真だと思います。

またスミ(吉川純広くん)と一緒に芝居ができて良かった、感謝です。


(この記事は公演終了までこのブログのトップにあります)

學蘭歌劇「帝一の國」

パルコ劇場

4月18日(金)~5月6日(火・祝)

原作 古屋兎丸『帝一の國』(集英社・ジャンプスクエア連載中)
脚本 喜安浩平

演出 小林顕作

詳細はこちらまで

↑このページのトップヘ