2014年01月

僕のなかで、にわかに「左甚五郎」ブームが起きています。

image


image


上野東照宮の唐門です。




日光の東照宮、有名な「眠り猫」

あの周りには牡丹の花が彫ってありますが、どういうわけかというと、牡丹の花の咲く時分が猫にとっては一番眠いそう。

甚五郎は猫に聞いたそうです。

「お前はいったいいつが一番眠いんだ?」

「牡丹の咲く頃が一番眠いにゃー」



以上はすべて、落語「左甚五郎」から引用しました。

パクリです。

しかし、僕はこのお話に感銘を受けました。

確かにこの時期の僕は、いつも眠くてたまらないからです。




スマホからの更新で本の紹介をするのが億劫なのですが・・

初めて「文藝春秋」というものを買って読んでいます。

しかも、12、1、2月号と続けて。

なぜかと言いますと、村上春樹の書き下ろし小説が掲載されているからです。

やっぱり面白いです。

途中で眠くなって炬燵で寝ちゃう気持ち良さは何物にも代えがたいです。



Twitter等見ていると「~さんはブログを更新しました」みたいな投稿多いですよね。

僕もアレ一時期やっていたんですが、なんとなく押し付けがましい感じがしてやめてしまいました。

だもんで「僕のブログ見てる人なんてもうあんまりいないんだろうなー」なんて思っていたのですが、

先日僕のファンですと言ってくださる奇特なお人に出会いまして、

「ブログ、週に三回は見てます」

と言って下さいました。

僕は、とっても嬉しいと同時に、ブログの更新を怠り誠に申し訳なく思いました。

これからはもうちょっと更新しようと思います。



その、ファンと言ってくださった人はお芝居等とは関係のない、普通のご職業に就いている方でした。

僕は本当に嬉しかったです。

僕がその人の日常に少しでも彩りを加えられたと思うと非常に嬉しい。

これからも精進します。


ではまた


おめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げ奉ります。

IMG_0204


谷戸亮太


また書きます。

とりあえず本日はこの辺りで・・

ではまた

↑このページのトップヘ