2013年09月


ジ・アート・オブ 風立ちぬ (ジブリTHE ARTシリーズ)
ジ・アート・オブ 風立ちぬ (ジブリTHE ARTシリーズ) [大型本]


風立ちぬの本は、台本が収録されているということで購入しました。

絵コンテ集のほうがよかったかなと少し公開しています。

思ったのは「台詞が少ない」という事、こんなものでしたっけね。

僕はカプローニさんが大好きで、彼の登場シーンになると何故か泣けてきちゃいます。

自分の内にある、いろんな葛藤や矛盾、狂気をその体に飲み込んで、なお陽気に、平然としているその姿に憧れます。

強くないとああいう風には、なれない、と思います。

見る方によって色々な感想があるでしょうが、僕が思うのはこの映画は「美しさ」の映画だと思います。

正義とか正しさって立場や時代が変わればあっという間に変わってしまうし、そんな風に考えると信じられるものなんてほとんど無いけど、自分の思う「美しさ」というものだけは信じていっていいんじゃないか?その「美しさ」空逃げずに、真摯に向き合って俺は生きてきた。

お前はどうだ?

映画を観ていて、そんな風に言われているような、問い掛けられているような気がしました。




古谷実さんの漫画はもう、なんだかこういう感じだと他の追随を許さないですね。

「古谷実」という一つのジャンルな気がします。

Shall We ダンス? (初回限定版) [DVD]
Shall We ダンス? (初回限定版) [DVD] [DVD]

久しぶりに見ましたが、素晴らしい映画です。

画面の隅々まで愛が詰まっている映画です。



さて、僕の周りであんまり見ている人がいないのですが、

「八重の桜」

とっても面白いです。

まとめて先週までの回を六週分ぐらい見たのですが、毎回一回は泣いていました。

会津藩がなくなった後のドラマでも、それぞれが自分の人生と闘っている姿にとても感動させられます。



ではまた

(この記事は公演終了までこのブログのトップにあります)


Multilingual Performance Theater
「空(UTSUBO)」

 番外公演♯1
『横浜とヨコハマと横濱とYokohama ~ 伊勢佐木町編』

Archiship Library&Café

2013年8月30日(金)~9月1日(日)
続きを読む

↑このページのトップヘ