昔、先生が「作品のテーマを突き詰めれば、全ては『愛』であり『人間』だ。」みたいなことを言っておりました。

僕は最近、『時間』というものも全ての作品のテーマに含まれるんじゃないかと思っています。

僕は、『時間』を素敵に描いている作品が好きです。

というようなことを先日Twitterで呟きました。

「時間」

ホントに好きです。「時間」という概念が好きです。全てのドラマチックさの根源にある(ような気がします。)自分でもなんのこっちゃと思いますが。

僕の好きな、「時間」を思わせる作品は

「ハウルの動く城」



「僕の地球を守って」

です。

僕は、傾向として「未来で待ってて!」みたいな台詞が、たぶん、大好きです。


それはさておき只今上演中の「片恋。」も、僕にとって「時間」というものを想わせるとても素敵な作品です。

以下ビミョーにネタバレなんですが、中日も過ぎたしいいよね








過去と現代のシーンを交互に、みたいに書くと、なんかちょっと

「ああ、よくあるやつねー」

みたいに思われるんじゃないかと思いシャクなんですが・・まあ、確かにそういう構成のお話です。

僕は7年前の初演にも出演しておりますが、そんな風に「時間がどうとか」なんて全然考えていませんでした。もちろんいい話だなーと思っていましたが、とにかく自分の役をキチンと務めきろうということの方が強かったと思います。

その後、再演の話を頂き、去年、ちょうど他の団体のやった「片恋。」を観に行かせていただきました。

とっても素敵な脚本だなと思いました。泣きそうになりました。一緒に観に行った作演出の大岩さんに

「いいホンだねー、これ誰が書いたの?」

なんて冗談を言いつつ、半年以上先の稽古開始がとっても楽しみでした。

そして、1ヶ月前の顔合わせ、本読みの日から素晴らしいキャストの皆さんと大岩さんとで稽古をしてきて、恥ずかしながら、何度も自分の出ていないシーンで一人「ジーン」としておりました。

劇場に入ってからも美術、照明、音響、スタッフの皆様のお力もあって、より素晴らしい作品になっております。



漠然と時間というものについて書いていて、今思ったんですけど、この「片恋。」という作品は時を紡いでいくお話です。うん、そうだ。

過去のシーンは3年間という日々を、現代は結末までの数時間という時間をそれぞれ紡いでいきます。そして、(シーンとしてはないのですが)1988年から現代までの長い時間を 演者とお客様の想像力によって紡いでいき、最後には時を越えて変わらない思いによって過去と現代が一つに結ばれる。そしてその先の日々へ・・そんなお話です。

時を経て変わるものと時を越えて変わらないもの。

是非劇場に観に来て頂きたいと思います。

・・実は千秋楽はありがたいことにチケット完売で当日券をお買い求めいただくという状態なのですが、明日、というか今日28日(金)夜、29日(土)昼夜と、まだまだお席に余裕がありまして・・もし観ていただいて面白いと思った方は友人知人の方に勧めていただきたく・・ご検討中で面白そうだなと思っていただけた方は是非観に来ていただけたらと思う次第でございます。

長々真面目に書いてしまいましたが感動だけでなく笑える要素も沢山ありますので!

中日を終えていよいよ折り返し、最後まで皆様と時を紡いでいきたいと思います。


ではまた

私は今、片恋。稽古中です。

「片恋。」は、7年前にした舞台の再演でございます。

劇団ジュークスペースさんの公演に出演するのは10年ほど前の初参加から数えて3回目。

大岩美智子さんの演出を受けるのは、あ、外部で一回やっただけなのでまだ4回目なんですね。

演出助手のようなことをやらせていただいたり(なにもできなかった)、代役をやったり、なにかと長い付き合いでございます。

もう一人の劇団員、やくわけいこさんとの共演はこれで5回目です。初共演はジュークスペースよりも早く、多分僕が22才位の時からの付き合いです。

その頃の僕は結構な、自意識過剰、プチ対人恐怖症、それらからくるプライド高そうな生意気な振舞いをしておりました。

そんな僕を「まあ、面白そうなやつだから」と面倒みていただきまして、本当にお二人には感謝しかありません。

この度、久しぶりにお仕事ご一緒させていただいて、とっても嬉しいです。

お世話になったぶんお二人には恩返しさせていただきたいです。

お世辞抜きで面白く、素敵な作品です。お芝居の最後の方は稽古といえど僕はいつもウルウルしてます。

沢山の人に楽しんでいただける作品だと思います。是非、観にいらして下さい。

ではまた

第二章帝一の國 決戦のマイムマイム、全公演無事に終了しました。

観に来てくださった皆様、スタッフ、キャスト、関係者の皆様、本当にどうもありがとうございました。

この公演に関われて、僕は幸せです。

去年の第一章では、こんなに大きく、沢山の人が係わる舞台に立つのは初めてで、とにかく緊張して(本番はともかくとして稽古が)びくびくおどおどとしてて本当に不甲斐なく情けない思いをしておりました、正直。

年下の共演者も多い座組、主演の木村了くんをはじめ、一人一人「プロ」として公演に臨み、きちんと自分の仕事を果たしている中で、「自分てなんなんだろう」と思うことがよくありました。

大変ありがたいことに第二章も出演することになりましたが、稽古はじめの頃はやはりまだ悩むこともありました。が、

「当たり前の事だけど、とにかく、とりあえず、一所懸命やろう。」

とホントに当たり前の事なんだけど、そこに立ち返り、やることにしました。

歌もダンスもお芝居も自分より上手い人が沢山います。この1ヶ月の稽古でその人たちには追い付けないかもしれない。でも「こんなもんでいいや」みたいに着地点を決めないで、なんでもいいから、自分なりにでもいいから一番お客様に楽しんでもらえることを目指そう、と思いました。

いや、繰り返し書くけどホントにこれ当たり前の事だと思ってます。でも緊張とかしてるとこういう当たり前の事すらいつの間にか萎縮しちゃうんだな、きっと。

そんな風に稽古を続けていくと、少しづつ、視野が広がって周りが見えてきました。そうすると、改めて、いや第一章の時よりもっと、キャストの、スタッフの皆さんのプロとしての仕事ぶり、気概が見え、伝わってきました。

皆それぞれに一人一人がプロです。皆それぞれに問題に突き当たったり、悩んだり、そして戦っていました。そんなことも皆にとっては前提です。
そんな状況にあっても皆当たり前に他人を思い遣り、笑顔でこの稽古を楽しみ、この作品を楽しく、素晴らしいものにしようとしていました。

そんな空気を生み出したのは、一番はやっぱり演出の小林顕作さんの力だとおもいます。台風がどうだとか色々あった本番期間中、雨が降ったのは顕作さんが仕事の都合でこれなかった一公演だけ、顕作さんが来たその日の夜公演はしっかり晴れたという位、晴れ男の顕作さん。それがどうしたって思うかもしれませんが、僕は思うんですよ。それくらい「もってる男」なんですよ、小林顕作さんって。

僕がそんな顕作さんに対して思う言葉で一番ぴったりくるのが「畏敬」っていう言葉です。凄い大それた表現みたいになっちゃうかもなんだけどホントまさにコレです。畏れ敬う。
僕は顕作さんを畏れています。いや、顕作さんは怒るとかは一切ありませんよ!むしろいつも明るく、誰よりも稽古場を盛り上げて下さいます。
でも、顕作さんの演者としてのポテンシャルを知っている身としては、「今、自分のしている表現を顕作さんはどう思うのだろう?」と思わずにいられません。
うん、今書いていて思ったけど、その緊張は本当にあったと思います。正直今もあります。
でも、その畏れが「恐れ」になっちゃったら絶対ダメだ!だからこそとにかく一所懸命やろう!飛び込もう!と、思えるようになりました。歌詞にもあった「恐れないで立ち向かう」そんな心境で稽古に臨みました。
ともかく顕作さんはそのくらい僕にとって大きい存在です。だからこそ、打ち上げで大入り袋を貰うときに顕作さんからいただいた言葉は本当に嬉しかったです。恥ずかしいし大切にしたいのでここには書きません、すみません。


あ、なんか真面目に書いちゃいましたけど、こんな堅苦しくずっと過ごしていたわけではありません、楽しい稽古でしたよ!それは観に来てくださったお客様が一番ご存じと思います。
一所懸命真面目にふざけている様が皆さまの明日へ生きる力にちょっとでもなっていたら、こんなに嬉しいことはありません。

また書きますね、では今日はこの辺で

の代わりにこんな記事を。

學蘭歌劇「帝一の國」公式ブログ 生徒会だより

より、わたくしの記事を!

http://yaplog.jp/teiichi/archive/147

こんな感じで楽しく稽古しております!

ではまた。



オマケ

余りに自分が不細工で載せるのをためらった写真

image


プリチー三津谷くん(三津谷亮くん)

僕のダンスの先生

いよいよ 【第二章】學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム-の稽古が始まりました。

一所懸命にやろうと思います。

第二章ということで、第一章に負けないよう「ゴッドファーザーpart2」くらいの心意気で、もしくは最近観た「PUSHER2」くらいの気合いで、

image


image

(主演のマッツ・ミケルセン 最高でした。)

稽古に臨みたいと思います。

image

菊馬役、吉川純広さんと本田章太役、瀬戸祐介くんと。自撮り余りに下手でごめんね・・

ではまた

↑このページのトップヘ