いつもこのブログを読んで下さっている皆様、ありがとうございます。

ヤトでございます。

私、谷戸亮太はこの度、株式会社bambooという事務所に所属となりました。

つきましては、新たにブログを開設する運びとなり、今後は『谷戸亮太の「どうも、ヤトです。」』にて記事を更新させていただきます。

こちらのブログ、時期は未定ですが、いずれ閉鎖致します。

今後とも谷戸亮太を何卒宜しくお願い致します。

皆様、では、また。

長く住んだ部屋とも別れ

image


そして、このブログからもそろそろお別れです。

俳優なんぞしていてあれですが、割りと安定というか、変化のないことが好きだったりして、「よくないなあ」と思っています。

反面、というかこんな性格だからか、外からの力によって否応なしに変化させられるのも好きです。「しょうがねえやるしかねえ」といった調子で。

変化を恐れず、楽しんでいきます。

ではまた、

発表会のお手伝いのお仕事が終わり、気付けば秋も終わりです。

「覚醒(オマエに言った)」の歌詞が染みるこの頃です。

ご無沙汰しております・・すみません・・

ここ数ヶ月でみた作品達です。多分もっとあると思いますが。
ミュータント・タートルズ【Blu-ray】 [ ミーガン・フォックス ]
ミュータント・タートルズ【Blu-ray】 [ ミーガン・フォックス ]

デビルズ・ノット
デビルズ・ノット

ホドロフスキーのDUNE [ アレハンドロ・ホドロフスキー ]
ホドロフスキーのDUNE [ アレハンドロ・ホドロフスキー ]

マッド・ガンズ
マッド・ガンズ



チョコレートドーナツ [ アラン・カミング ]
チョコレートドーナツ [ アラン・カミング ]

チェイサー(DVD)
チェイサー(DVD)

上記二作はファンの方から頂きました。ありがとうございます。

「チェイサー」のなんといいますか、作品全体から漂う「生」への執着はすごいですね。
主人公の二人なんか、もし邦画とかならもう少しバックボーンを加えて何故ここまでするのかを説明してしまいそうですが、そうしない潔さが素晴らしいです。

ドラフト・デイ [ ケヴィン・コスナー ]
ドラフト・デイ [ ケヴィン・コスナー ]

ここ二年ほどアメフトをよく見ておりまして、観てみました。

テラスハウス クロージングドア ディレクターズ・エディションDVDBOX [ 菅谷哲也 ]
テラスハウス クロージングドア ディレクターズ・エディションDVDBOX [ 菅谷哲也 ]

新シリーズがテレビで始まってくれて嬉しいです。


日本のいちばん長い日 [ 三船敏郎 ]
日本のいちばん長い日 [ 三船敏郎 ]

恥ずかしながら終戦前にこんな事件があったとはまったく知りませんでした。


シン・シティ 復讐の女神 コレクターズ・エディション [ ジェシカ・アルバ ]
シン・シティ 復讐の女神 コレクターズ・エディション [ ジェシカ・アルバ ]

「1」も観ずに観たのですがとっても楽しめました。なんとなくカッコいいから白黒にしてる、とかじゃ全然なくて、あくまで「シンシティ」という世界を表現するための一方法です。食わず嫌いはもったいない。


アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 【DVD】
アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 【DVD】

ラブストーリーと思いきや人生賛歌でした。

ちょっとおかしな主人公の家族が全員素敵でした。


仁義なき戦い [ 菅原文太 ]
仁義なき戦い [ 菅原文太 ]

仁義なき戦い 代理戦争 [ 菅原文太 ]
仁義なき戦い 代理戦争 [ 菅原文太 ]

仁義なき戦い 広島死闘篇 [ 菅原文太 ]
仁義なき戦い 広島死闘篇 [ 菅原文太 ]

「片恋。」のヤンキー役の参考に見始めたらはまりました。

菅原文太さんののんびりとした口調が、少しのことで物怖じしない「漢」を現していて素敵です。


誰よりも狙われた男 [ フィリップ・シーモア・ホフマン ]
誰よりも狙われた男 [ フィリップ・シーモア・ホフマン ]

フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作。

「ファァァァック!!」が最高でした。


職業としての小説家 [ 村上春樹 ]
職業としての小説家 [ 村上春樹 ]

まだ途中、読むのがもったいないといった心境です。


風立ちぬ [ 宮崎駿 ]
風立ちぬ [ 宮崎駿 ]

連載された漫画版。

「美しい」ってなに?と問いかける素晴らしい作品です。

それにしても宮崎駿の堀越二郎への、というか全ての物への洞察力ってすごいです。

堀越二郎の書いた本を読んで、「本当のことを書いてないと思った」みたいなことをよく言っていて、スゴイなと。
自分だったら人の書いた本を読んでそんなこと思いません、だって書かれた物は信じてしまいませんか?


罪と罰 1 光文社古典新訳文庫 / フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス 【文庫】
罪と罰 1 光文社古典新訳文庫 / フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス 【文庫】

カラマーゾフの兄弟(上巻)改版 [ フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス ]
カラマーゾフの兄弟(上巻)改版 [ フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス ]

やっと読了いたしました。「カラマーゾフの兄弟」にいたっては読んでは諦めしばらく放置しまた頭から・・・を数度繰り返し、購入してからおそらく5年ほど掛けての読了。

これは僕の意見ですが新潮文庫より光文社古典新訳文庫のほうが読みやすいのかな?と思いました。多分訳されたのが最近なので。

どちらもラストで泣かされました。


皆殺しの天使 【Blu-ray】
皆殺しの天使 【Blu-ray】


「皆殺しの天使」は気付いたらDVD発売されていました!

まだレンタルはされていなそうなので、近日購入しようと思います。



それではまた

(この記事は舞台終了までTOPにあります)

劇団ジュークスペース第10回公演

「片恋。」―片想いは切なくて、ちょっと可笑しい。―

脚本・演出 大岩美智子

8月25日(火)~30日(日)

於 中野ザポケット

続きを読む

↑このページのトップヘ